脳梗塞 症状 治療 予防方法

脳梗塞の症状と治療、予防方法について

 『脳梗塞』、皆さんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
 脳の血管が詰まって色々な障害がでてしまう病気で、すぐに対処しないと後遺症などが起こることはきっとご存知でしょう。

 

 実は、脳梗塞は日本での死亡者数が第4位になっているほど多い疾患なのです。

 

スポンサーリンク

 

 このサイトでは、脳梗塞についての様々な症状とその原因や対処方法、予防方法などについてわかりやすくご紹介していきます。

 

脳梗塞とは?

 脳梗塞は、脳内の血管が細くなることや血管に血の塊(血栓)が詰まることで、脳細胞に酸素や栄養が供給できなくなり、脳の組織が壊れてしまう病気です。
 このため、様々な神経症状が現れるようになります。

 

脳梗塞の症状は?

 脳梗塞は脳の組織が部分的に壊れてしまうため、神経伝達がスムーズにできなくなり、様々な症状がでてきます。
 脳組織が壊れる部位によって違ってきますが、代表的な症状としては、手足が麻痺したりしびれたり、ろれつが回らずうまく話ができなったりします。

 

 また、歩けなかったり、立つことが困難になることもあります。
 さらに、人の話がよく理解できない、字が思うように書けない、物がよく見えないなどの症状もあります。

 

スポンサーリンク

 

脳梗塞の種類は?

 脳梗塞は脳内で血栓が詰まる血管の太さやその詰まり方などによって大きく3つに分類されます。

 

ラクナ梗塞

 脳内にある細い血管が詰まることで発症する脳梗塞のことです。
 脳に入った太い血管は、脳の奥に進むにつれて徐々に細い血管へと枝分かれしていきます。
 この細い血管が狭くなってしまい、血栓が詰まることで発症するのがラクナ梗塞となります。

 

 ラクナ梗塞は、最も一般的な脳梗塞で、国内ではよく見られます。
 主な原因としては、動脈硬化や高血圧が考えられています。

 

アテローム血栓性脳梗塞

 動脈硬化によって、脳内の太い血管が狭くなってしまい、そこに血栓ができて血管が詰まってしまう脳梗塞です。
 主な原因としては、動脈硬化の発症原因ともなる高血圧症や糖尿病などの生活習慣病とされています。

 

心原性脳塞栓症

 血栓が心臓で発生し、それが血液の流れによって脳まで移動し、脳内の太い血管が詰まってしまう脳梗塞です。
 原因としては、多くは不整脈の一種となる心房細動とされています。
 他、心筋梗塞なども原因とされています。

 

脳梗塞の診断は?

 脳が正常に機能するためには、血液が充分流れて酸素や栄養を脳細胞に供給する必要があります。
 脳細胞は、酸素などが不足すると比較的短時間で死滅してしまいます。

 

 このため、脳梗塞の症状が現れた場合には、一刻も早く専門医の診察を受けて治療を始めなければいけません。
 ちょっと様子を見てから、などと悠長なことは言ってられません。

 

 時間の経過と共に、梗塞の範囲が拡大し重症化する恐れが多分にあります。
 脳梗塞を診断するには、胸部X線、心電図などの検査や血液検査、頭部CTやMRIなどを行なう必要があります。

 

脳梗塞の治療は?

 脳梗塞の治療については、現在では薬物による治療が中心になっています。
 主な薬剤としては、『血栓を溶かす薬』、『血栓が固まるのを防ぐ薬』、『血液を固まり難くする薬』、『脳の腫れを抑える薬』などがあります。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。