脳梗塞 病院 何科

脳梗塞!病院の何科で診てもらうの?

 脳梗塞は病院の何科で診てもらうのでしょうか。

 

 脳梗塞の可能性が高い場合に、病院の何科に行けばよいのか迷う事があるようです。
 呂律がまわらず唾液が流れている時は、脳神経外科にいきます。

 

スポンサーリンク

 

 症状の一つでもある性格が変わったり暴力的な時は神経内科で一度診てもらう必要があるのです。
 その後治療が必要になればそのまま神経内科の医師が診てくれる場合があります。

 

 この時は、高血圧や糖尿病を持病として以前から持っている場合コントロールのためです。
 またその他に点滴と検査だけで良いときの早期の段階の場合です。

 

 検査をして手術が必要になると脳神経外科に転科して引き続いて診てもらえます。
 脳の手術前に起きる精神状態が酷い場合には、再度神経内科医の処方する薬で様子をみながらとなります。

 

 手術が出来る時は脳神経外科で過ごすことになります。
 手術後の治療とリハビリをはじめる時もそのままの診療科目で診てもらえます。

 

スポンサーリンク

 

 脳梗塞の可能性がある時は病院では何科に行くべきなのかはその時の症状によりかわることも念頭に置いて行動すべきです。
 ここで良く医師から言われやすい言葉は、「餅は餅屋」だというものです。
 それに本人にとって違う科に移動することは長く治療のために入院する時は変化が出来て良いことでもあるのです。

 

 病院によっては手術前後は急性期病棟、手術後はリハビリ病棟、その後に持病のコントロールは療養型回復期病棟や慢性期病棟というように変わっていくのと同じ様に、診療科目も病状に合わせて変わっていくようになっています。
 これは、どこの病院でも同じ事です。

 

 本人のその時の症状により何科に変わるのかを告げられます。
 特に脳梗塞の場合は発病から手術の流れの中で症状が変わります。
 病院にとっては、病棟に居る期間は制度で決まっているからです。
 それにより変わることはどこでも同じです。

 

スポンサーリンク