脳梗塞 頭痛 場所

脳梗塞の頭痛の場所はどこ?

 脳梗塞のでは、どこに頭痛が起きるのでしょうか。

 

 脳梗塞は、脳に血液が届かなくなることで発症する病気です。
 血液が届かなければ、脳の細胞・組織は死んでしまいます。
 ですから、発症すると死に至ることがありますし、助かったとしても重い障害が残ってしまうことがかなり高い確率であります。

 

スポンサーリンク

 

 しかし、現在は発症しても死なず、重い障害も残らないで済む治療法があります。

 

 脳に血液が届かなくなる原因は血管が閉ざされてしまっているからであり、血管が閉ざされた原因の多くは、血栓と呼ばれる血の固まりが血管に詰まってしまっているためです。

 

 その血栓を溶かす薬が現在は存在しており、その薬を点滴から投与すれば、回復が大いに期待できるのです。

 

 但し、この治療法が実行できるのは、発症後、4時間半までです。
 4時間半という時間には、病院までの所要時間、検査の時間や医師が診察する時間等は含まれていませんので、それらを差し引けば残された時間はごく僅かです。

 

 従って、発症したらすぐに病院に向かうようにしなければならないのです。

 

スポンサーリンク

 

 そこで重要となるのが、すばやく対応できるように知識を得ておくことです。
 つまり、脳梗塞を発症したら、具体的に、どのような症状が現れるのかということを知っておく必要があるということです。
 脳梗塞は脳の病気であり、場所は頭ですから症状は頭痛だと思うかもしれませんが、頭痛は違います。

 

 脳梗塞の症状が現れる場所は、手、足、顔などです。
 それも片側だけであり、しびれや麻痺が発生します。

 

 また、言葉が出にくい、ろれつが回らないといった言語障害も発生しますし、視力障害が現れることもあります。
 これらの症状が出たら、一目散に医療機関に向かうようにしましょう。

 

 但し、頭痛が絶対に違うということではないのです。
 頭痛を感じた場合、軽度の脳梗塞を発症している可能性があります。
 軽度の段階で治療を受ければ、回復の可能性は高くなりますから、頭痛を感じた時点で医療機関を受診した方が良いでしょう。

 

 次はこちらの記事です。
 軽度な脳梗塞!その症状は?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。