脳梗塞 症状 軽度

軽度な脳梗塞!その症状は?

 

 軽度な脳梗塞でも、脳硬塞には違いありません。

 

 その症状は、どのようなものなのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 まず、三大成人病の一つである脳梗塞とは、どのような病気かを説明します。

 

 別名を脳軟化症と呼び、脳の中の動脈の閉塞などが原因で脳の組織に酸素や栄養が行かず壊死してしまう状態のことを表します。

 

 脳の組織の一部が死んでしまうために片麻痺や意識障害、言語障害などの深刻な症状を引き起こします。
 脳梗塞が原因で寝たきりの生活になる他、最悪命を落とすこともあります。

 

 実際に脳梗塞になった場合は、どのような症状が現れるのかを簡単に説明します。
 軽度の場合、脳細胞が壊死することはありません。

 

 似た症状が引き起こされるのですが、これは前触れやサインでもあるため早めに医師の診察を受けることをお勧めします。

 

 主に筋力や運動能力の低下、身体や手足の痺れの他に言語、記憶、視力の障害など様々な症状を引き起こします。
 軽度だと体がだるいと感じるくらいなので気づき難いことが多い厄介なところがあります。

 

 少しでも怪しいと感じたら恥ずかしがらずに病院の検査を受けてみましょう。

 

スポンサーリンク

 

 脳梗塞にかかる原因は主に高血圧です。
 他にも糖尿病や高コレステロールの方も注意が必要です。

 

 予防法として禁酒と禁煙を勧めます。
 他に高血圧の方は食べ過ぎと塩分の取りすぎに注意して軽い運動をすると効果的です。

 

 また脳卒中の前触れとして一過性脳虚血発作と呼ばれる発作が起こります。
 長くても24時間ほどで治る軽度の症状ですが、この時に病院で検査を受ければ予防することが出来ます。
 治ったからと安心せず、救急車を呼ぶことも考えましょう。

 

 もしも脳梗塞になってしまった場合でも決してあきらめないでください。
 専門の病院で治療を受けると軽度に止めたり、病気が回復する場合があります。
 恐ろしい病にかかったから治らない、と考えないでください。

 

 リハビリテーションにより壊死した機能が回復する可能性があります。
 病気に自分が罹ったことを自覚して理解し、その上で治すための努力により改善されます。

 

 次はこちらの記事です。
 脳梗塞は退院してからも血圧の低い状態を維持することが大切です

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。