脳梗塞 検査 費用

脳梗塞!検査の費用はどれくらい?

 脳梗塞の検査費用はどれくらいなのでしょうか。

 

 脳梗塞の症状は、前兆や予兆がなくある日突然あらわれるという特徴があります。
 手足や顔の片側だけ麻痺がある、ろれつが回らない、めまい、吐き気、頭痛、視覚障害、意識障害などの症状です。

 

スポンサーリンク

 

 これらの症状があらわれたらすぐに病院へ行き、検査を受ける必要があります。
 検査は、CTやMRIで脳の血管の状態を調べます。
 脳梗塞を発症していれば、点滴や内服薬で治療を開始します。

 

 症状の度合いや発症した場所によっては後遺症が残ることがありますが、リハビリを重ねることで回復が望めます。
 症状が軽度の場合は1〜2週間程度で回復し、後遺症なども残らずに普通の生活に戻ることができます。

 

 その後は、再発予防のために血液をサラサラにする内服薬や降圧薬などを服用します。
 脳梗塞の発症や再発を防ぐためには、毎日の生活習慣の見直しや定期的な検査がカギとなります。

 

スポンサーリンク

 

 生活習慣については、栄養バランスのとれた質の良い食事、ウォーキングやストレッチなどの適度な運動、良質な睡眠、ストレスをためないなどの健康的で規則正しい生活を心がける必要があります。
 中性脂肪やコレステロールや血圧が高いと動脈硬化の原因となり、動脈硬化が進むと脳梗塞の原因となります。

 

 ですので、自分の血管の状態や脳の状態をきちんと把握するための定期的な検査も重要になります。
 会社や学校や自治体が行っている定期検診などでは、中性脂肪やコレステロールの値や血圧などについて調べることができます。
 数値が基準値をオーバーしていた場合は注意が必要となります。

 

 人間ドックや脳ドックなどでは、CTやMRIを使用してさらに詳しく脳の血管の状態を調べることができます。
 保険適用外なので、費用は数万円程度と比較的高めです。

 

 医療機関によっては、日帰りで手軽に受けることができる費用の安いコースなどが設けられているところもあります。
 健康的な生活と定期的な検査で脳梗塞の発症や再発を未然に防ぎましょう。

 

スポンサーリンク