脳梗塞 原因 食事

脳梗塞の原因やリスク低減の食事や運動は?

 脳梗塞の原因には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

 そのリスクを減らすためには、食事や運動に気を付けた方がいいのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 人間ドックや健康診断で血中のコレステロールや中性脂肪や血圧が高いと診断されたことがある人は多いのではないでしょうか。

 

 血圧やコレステロールや中性脂肪の数値が高くなると血液がドロドロになったり血管が硬くなったり血栓ができたりなどの動脈硬化のリスクが高まります。

 

 動脈硬化が進行すると脳梗塞などの病気の発症の原因となってしまいます。
 脳梗塞は、予兆や前兆がなく突然激しい頭痛に襲われたり、めまい、吐き気、ろれつが回らない、手足のしびれや麻痺などの症状があらわれます。

 

 このような症状が出たらすぐに病院に行って検査をする必要があります。

 

 ですので、脳梗塞の発症の原因やリスクを取り除くためには定期的に人間ドックや健康診断を受診したり、日頃の食生活や生活習慣に気をつけて予防に対する意識を高める心がけが重要になります。

 

 食生活については、脂質や塩分を控えてビタミンやミネラルやタンパク質をバランスよく取り入れた質の良い食事が基本となります。

 

 野菜や果物や肉や魚や大豆製品や海藻類などの食べ物を種類豊富に積極的に摂取することが大切です。
 脂質過多になると中性脂肪やコレステロールが高くなってしまいますし、塩分過多になると高血圧につながってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

 中性脂肪やコレステロールを減らす効果がある成分としては、EPAやDHAがあります。
 青魚に多く含まれる成分で血液サラサラ効果なども期待できます。

 

 塩分過多による高血圧に効果がある成分としてはナトリウムを排出する働きがあるカリウムがあります。
 野菜や果物に多く含まれています。

 

 これらの成分を含む食べ物を積極的に取り入れた食事を心がけましょう。

 

 さらに、代謝を上げるための適度な運動も必要です。
 ウォーキングやストレッチや筋トレなどの手軽に続けられるものを生活の中に取り入れて習慣化させることが大切です。

 

 バランスのとれた食生活や適度な運動で脳梗塞の予防に努めましょう。

 

 次はこちらの記事です。
 脳梗塞の原因には性格も関係していた?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。