脳梗塞 原因 性格

脳梗塞の原因には性格も関係していた?

 脳梗塞の原因に性格が関係しているのでしょうか。

 

 脳梗塞は、脳の血管が詰まることで細胞が壊死してしまい体に様々な不調があらわれる疾患です。
 症状としては、頭痛、手足や顔面が麻痺する、意識障害、言語障害、めまい、吐き気などがあります。

 

スポンサーリンク

 

 突然症状があらわれるという特徴があります。
 初動の速やかな判断と行動がカギとなりますので、このような症状がある場合はすぐに救急車を呼んで病院での検査を受けましょう。

 

 脳梗塞は、動脈硬化が主な原因となります。
 動脈硬化は、血中の中性脂肪やコレステロールの値が高いことや高血圧が原因でおこります。

 

 血圧が高めだったり健康診断などの血液検査で中性脂肪やコレステロールの値が基準値をオーバーしていると診断されたことがある人は多いのではないでしょうか。
 そんな人は注意が必要です。
 動脈硬化が進むと脳梗塞を発症するリスクが一段と高くなります。

 

 動脈硬化を防いで脳梗塞の発症のリスクを下げるための対策としては、血管を健康に保つための日頃の食生活や生活習慣が重要になります。
 中性脂肪やコレステロールや血圧を下げる効果がある食べ物といえば、カツオやサバやブリやイワシなどの青魚です。

 

スポンサーリンク

 

 青魚に含まれるEPAとDHAは多価不飽和脂肪酸の一種で、血液サラサラ効果や血栓を抑制する効果や血圧の上昇を抑える効果などがあり動脈硬化の予防に大きく役立てることができますので、ビタミンやミネラルやタンパク質と同時にバランスよく食事に取りれましょう。

 

 そして、代謝を上げるためのウォーキングやストレッチや筋トレなどの適度な運動も必要です。

 

 さらに、血圧の上昇は性格なども大きく作用するので注意が必要です。
 怒りっぽかったり興奮しやすい性格の人は感情の昂ぶりと同時に血圧も上昇してしまうので、気持ちを穏やかに保つことも重要です。
 自律神経を整えてストレスを抑制するためには良質な睡眠を心がけましょう。

 

 そのほかに、喫煙や過度な飲酒なども血管に悪影響をあたえてしまいますのでなるべく控えるようにしましょう。
 健康的で規則正しい生活を心がけて動脈硬化をきちんと予防しましょう。

 

 次はこちらの記事です。
 脳梗塞の後遺症は治るのか?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。