脳梗塞 手術 できない

脳梗塞の手術ができないのは?

 

 脳梗塞の治療は以前は、直接血栓を取り除く手術療法はできないという治療方法の限界がありました。

 

 最近では、発症後数時間以内であれば施すことのできる手術方法が2つ開発されました。

 

スポンサーリンク

 

 1つは、t−PAという血栓を溶かす薬剤を用いた方法です。
 これは、脳梗塞の症状が現れてから4時間半以内であれば施すことができる手術です。
 静脈に約1時間かけてt−PAの点滴を行います。

 

 ただ、時間が経ちすぎていたり、以前にも脳梗塞を発症していたりすると、脳出血のリスクが高まるため用いることができない難点があります。
 選択できる機会がとても狭い療法ですが、しかし治療効果が現れれば劇的に病状が回復する薬でもあります。

 

 さらに、発症後8時間以内であればカテーテル手術を行うことができます。
 カテーテルは血管に入れることができるとても細い管であり、近年画期的な医療用具として他の病気の手術においても活用されています。

 

 足の付け根の動脈より挿入し、脳の障害個所にまでカテーテルを通していきます。
 そして直接血栓を取り除くのです。

 

 8時間以内でなければ施術できないという制限もさることながら、高度な設備や医師の技術を要するため、カテーテル療法を実施することのできる病院は限られていることが現在の課題となっています。

 

スポンサーリンク

 

 脳梗塞は動脈硬化などを原因として、コレステロールや血小板の塊である血栓が脳の血管に詰まる病です。
 血栓の先の脳細胞に血液の運ぶ酸素や栄養成分が届かなくなるため、最悪の場合その細胞は壊死してしまいます。
 そこで前述の手術療法のようにいち早く血栓を取り除くことが重要となります。

 

 患者の立場としては発症後一刻も早く、救急車を呼ぶなどして病院に駆けつける必要があります。
 その際、思い当たるふしがあるなら、思い切って救急隊員に「脳梗塞かもしれない」と告げてしまった方が良いそうです。

 

 適切な治療を受けることのできる病院に素早く案内してもらえる確率が高まると言います。
 脳梗塞の症状には手足のしびれや麻痺、ろれつが回らない、言葉が出ないなどのものがあります。

 

 すぐに治まったからと放置せず、その時点で受診することが大切です。
 手術の他にも従来より、血栓がさらに増えることを防ぐ薬や脳の圧迫をとる薬などによる薬物療法もあります。

 

 次はこちらの記事です。
 脳梗塞の後遺症で性格が変わるのか?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。