脳梗塞 麻痺 メカニズム

脳梗塞で麻痺が起こるメカニズムは?

 脳梗塞が発生し、麻痺が起こるメカニズムについてお話ししましょう。

 

 脳梗塞は、発生の仕方によって次の3種類に分けることができます。

 

スポンサーリンク

 

アテローム血栓性脳梗塞

 脳や頸部を走る比較的太い血管に血栓ができて起こるのが、アテローム血栓性脳梗塞と呼ばれるものです。

 

心原性脳塞栓症

 心臓の内部に大きな血栓ができて、その一部が剥がれ落ち血流に乗って脳までたどり着き、脳の血管を塞いでしまうのが、心原性脳塞栓症と呼ばれるものです。

 

ラクナ梗塞

 脳の深部を走る細い血管が高血圧や加齢等の原因により塞がるのが、ラクナ梗塞と呼ばれるものです。

 

 いずれの場合も、血流が停止することに伴い栄養や酸素の供給が絶たれてしまうことから、詰まってしまった血管が支配していた領域の脳組織は壊死を起こすことになります。

 

 脳には無数の神経細胞が存在し、様々な動作等のコントロールを行っていますが、神経細胞が死滅してしまうために、その神経細胞が司っていた動作等をコントロールできない麻痺状態に陥ってしまうわけです。

 

 脳梗塞により麻痺が起こるメカニズムには、血栓が大きく関与していますが、血栓ができやすくなる原因として次のようなことが考えられています。

 

スポンサーリンク

 

 まずは、血管壁が硬くなる動脈硬化です。
 動脈硬化が発生する主なメカニズムは、悪玉コレステロールや中性脂肪が血管壁内部に浸透してしまうためだと考えられています。

 

 また、高血圧も動脈硬化を引き起こす原因の1つになっています。
 そして、脂質異常症等の場合は血液がドロドロな状態になり血液の流れが悪くなるため、さらに血栓ができやすくなるのです。

 

 心臓内部に血栓ができやすくなる原因としては、心房細動や弁膜症、そして心筋梗塞等が知られています。

 

 心筋梗塞については、姉妹サイトも参考にして下さいね。
 狭心症&心筋梗塞.com〜症状のチェックと予防方法〜

 

 血栓ができる大きな原因である動脈硬化を予防するためには、肥満対策が重要と考えられており、食事の内容を見直すことでカロリー制限を行ったり、日頃の運動を習慣付けることが大切になります。

 

 脳梗塞になると、多くの場合麻痺が起こり後遺症となることがありますから、血栓を作らない生活習慣を心がけることが重要なのです。

 

 次はこちらの記事です。
 脳梗塞で左脳や右脳が壊死した時の症状は?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。