脳梗塞 前兆 チェック 頭痛

脳梗塞の前兆で頭痛がする?チェックしましょう!

スポンサーリンク

 

 毎日の生活のなかで頭が痛いと感じることがあります。
 少し疲れが溜まっていると頭が痛いと感じることがありますが、何か大きな病気の前兆の可能性もあるので、しっかりとチェックする必要があります。

 

 そのような病気の前兆として考えられるのが、脳梗塞があります。
 脳梗塞の前兆として頭痛があるというのを知らない人もいるでしょう。

 

 脳出血などは急に頭痛の症状で始まるということをよく耳にします。
 脳梗塞とは、脳の血管が詰まったり狭くなったりすることで血液の流れが悪くなり、脳に酸素や栄養がしっかりと届けられなくなってしまうことで、脳細胞が死んでしまう病気となります。

 

 ここでチェックしなければいけないことは、脳のどこの部分に障害が発生しているかによって症状の現れ方が異なるということです。
 患者の4分の1に一過性脳虚血発作というものが現れるようになります。
 これでチェックをするようにします。

 

スポンサーリンク

 

 若年性脳梗塞の場合には、頭痛を感じることがあると考えられています。
 若年性とは、40歳や45歳までに発症する脳梗塞のことをいいます。

 

 しかし、しっかりとした年齢が決められているということではありません。
 一般的に脳梗塞は60歳以上の人に多く見られる病気ですが、最近では40代や50代の人にも増えているという背景があります。

 

 また10代や20代というような若い人の発症もあります。
 若年性といわれる場合には、偏頭痛が原因になることがあります。

 

 この場合、高齢者よりも頭に痛みを感じることが多くなります。
 偏頭痛の場合には、脳梗塞のリスクが2倍程度高くなるというようなデータもあります。

 

 このほかに頭が痛いということで心筋梗塞のリスクが高くなることもわかっています。
 脳梗塞や心筋梗塞を発症させないためにも、医療機関を受診するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。