脳梗塞 予防 飲み物 お茶

脳梗塞を予防する飲み物ではお茶がいい?

 お茶で脳梗塞を予防することができるのでしょうか。

 

 脳梗塞という病気がありますが、そのほとんどは脳の血管に発生する動脈硬化が原因と考えられています。
 したがって病気を予防するためには、この動脈硬化を発生させないようにします。

 

スポンサーリンク

 

 動脈硬化はどのような特徴があるのかというと、血管の内側の壁にコレステロールなどがたまって血管が硬くなってしまいます。
 その結果血栓などを引き起こしやすくなり、脳に関する病気の発生リスクを高くしてしまうというようになります。

 

 動脈硬化はどのようなことが原因で進行してしまうのかというと、高血圧や糖尿病や高インスリン血症などとなります。
 したがってこれらの病気の疑いがあるという人は、症状を軽減させて動脈硬化にならないようにするための生活習慣を心がけることが大切になります。

 

 また動脈硬化を進行させない食生活も大切です。
 ここで気になるのが、どのような食品や飲み物を摂取すればいいのかに関してです。

 

 脳梗塞を予防するためには動脈硬化を予防することになります。

 

 脳梗塞を予防する飲み物としては、コーヒーやお茶などがあります。
 コーヒーやお茶などの飲み物に関しては、はっきりとしたデータがあるということではありません。

 

スポンサーリンク
 

 

 脳梗塞を予防するためにはしっかりと水分を補給することが必要になりますが、お茶には利尿作用があるので体の中の水分が不足しないように注意をする必要があります。

 

 お茶やコーヒーにも一定の予防効果がありますが、水分が不足してしまうと血液濃度が高くなって血栓ができやすくなってしまいます。

 

 したがって水を飲むというのが効果的です。
 どのようにして水分補給をすればいいのかというと、1日1.5リットルから2リットルを目安に水分をこまめに補給するようにします。

 

 毎日の生活のなかで汗や尿で水分が奪われてしまいます。
 したがって排出した分をしっかりと補給する必要があります。

 

 高血圧や糖尿病の人の場合には、水分をしっかりと補給することで脳梗塞を防ぐことができます。
 少し多めに摂取することが大切です。

 

 次はこちらの記事です。
 脳梗塞のカテーテル手術と時間について

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。