脳梗塞 カテーテル手術 時間

脳梗塞のカテーテル手術と時間について

 

 脳梗塞のカテーテル手術では、どのくらいの時間がかかるのでしょうか。

 

 脳梗塞という病気がありますが、この病気を治療するためには手術が行われるようになります。

 

スポンサーリンク

 

 脳梗塞の治療に関しては、基本的に血栓溶解剤や抗凝固剤や抗血小板剤などを使って薬の投与が行われるようになります。

 

 薬を投与するだけの治療となるので、傷口の回復を待たなければいけないというような外科的治療と比べると負担が大きくありません。

 

 しかし脳梗塞とひと言で言っても、外科手術を行わなければいけないというようなこともあります。

 

 手術を行わなければいけないかどうかに関しては、脳にどのくらいの血液が流れているのか、また神経の状態などを確認しながら医師が判断するようになります。

 

 脳梗塞ではどのような手術が行われるようになるのかというと、それは病気となる部分を手術するということではなく、予防や再発を防ぐというようなことが行われています。
 したがって症状が早期に改善されるというものではないという点を理解しておきます。

 

スポンサーリンク

 

 脳梗塞の手術に関しては、カテーテルを使った方法が行われています。
 カテーテル手術は、最近よく耳にすることがあります。

 

 カテーテル手術とはどのような内容となるのかというと、カテーテルという細い管を、血管が細くなるところまですすめていきます。
 そしてここでステントと呼ばれる筒状の金属網を血管のなかに残して、血液の流れをしっかりと確保するということが行われています。

 

 カテーテル手術は血管内手術とも呼ばれています。
 外科的手術と異なり、体を切らなければいけないということがありません。

 

 このため、高齢の人や全身麻酔をすることができない場合でも手術を行うことができます。
 カテーテル手術は体への負担が少なくなります。

 

 気になるのは手術時間です。
 時間は1時間から2時間程度となります。
 比較的短くなるので、患者への体の負担も少なくなります。
 しかしカテーテルを血管のなかに挿入することで、血管のなかのアテローム血栓を剥離してしまう可能性があります。

 

 次はこちらの記事です。
 脳梗塞による意識不明からの回復期間や余命は?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。