脳梗塞 前兆 血圧 上昇

その血圧!脳梗塞の前兆かも?

 

 その血圧は、脳梗塞の前兆かもしれません。

 

 脳梗塞は、脳の血管が詰まってその先に血液が行かなくなってしまう、血液の栄養が行かなくなる事によって、その先の脳の細胞が死んでしまう病気です。

 

スポンサーリンク

 

 脳梗塞の原因は2つあって、一つは脳自体の血管が詰まるものと、他の場所から移動してきて詰まるものです。
 脳の血管自体が詰まるのは、ほとんどは動脈硬化によるもので、これは脳の血管の壁にコレステロールなどが溜まってきて、そこにプラークという膨らみができます。
 それが詰まってくるというタイプになります。

 

 一方で他の場所から移動してくるのは、多くは心臓から来ます。
 心臓に心房細動という形の不整脈があると、血栓ができやすくなります。
 それが、脳に移動して来て脳の血管に詰まる、これは心臓に原因がある脳梗塞で脳塞栓と呼ばれるタイプのものがあります。
 通常はそんなに酷い症状はおこりません。

 

 前兆には手足の麻痺があります。
 半身の手足で右なら右の場所などに起こります。

 

 また脳梗塞の起こった場所によっては言葉がしゃべれなくなるなどの前兆もあります。
 小脳の場所に起こると強いめまいが前兆として現れることもあります。

 

スポンサーリンク

 

 心臓以外からも血栓は飛んでくる場合があります。
 頚動脈という首の動脈から飛んでくるものもあります。
 これは日本ではもともとは多くは無かったのですが、食事の影響で最近では増えてきています。
 首の血管が狭くなってそこから飛んで来るタイプもあります。

 

 ただこれは、大きく分けた場合は脳塞栓ではなく脳血栓に分類されます。
 大多数は心臓か首から飛んで来るという形になります。
 高血圧などは、動脈硬化の原因になるので動脈硬化性の中では一番危険が高いものが高血圧になります。

 

 脳梗塞にはラクナ梗塞というものもあります。
 この病気は、脳の中の細い血管が詰まってくるタイプのもので、これも動脈硬化で高血圧などで起こってくるタイプになります。
 細い血管が詰まってくるので、小さな梗塞が出来てきます。
 この病気は高齢になってくると多くなる病気です。

 

スポンサーリンク