脳梗塞 意識不明 回復 期間 余命

脳梗塞による意識不明からの回復期間や余命は?

スポンサーリンク

 

 脳梗塞を発症した時に、脳の状態によって症状が重いという場合や軽いという場合があります。
 そのような脳梗塞で意識不明の重体になることもあります。
 この場合意識不明の状態から回復するまでの期間がどのくらいになるのかが気になります。

 

 なぜ脳梗塞で意識不明になってしまうのかというと、心臓で作られた血の塊が脳の血管まで運ばれて詰まってしまうということが考えられています。
 これは心疾患を合併しているという人が発症しやすくなります。

 

 また大きな血の塊が太い血管を急に詰まらせることで急に発症するということがあります。
 短期間で症状が現れたり、広い範囲で脳梗塞が発症し、その結果症状が重くなってしまうこともあります。

 

 急に発症をして意識不明になってしまうので、非常に怖い病気となります。
 意識不明になったときには、できるだけ早く回復して欲しいと願いますが、気になるのは意識が回復する確率です。
 どれぐらいの割合で回復するかに関してははっきりとわかっていません。

 

スポンサーリンク

 

 しかし回復までの期間に関しては、次のようなことが関係してきます。
 それは梗塞部分の大きさであったり、脳浮腫の程度になります。

 

 このほかには発症から治療が行われるまでの必要になった時間や年齢や出血性梗塞があるかどうかになります。
 脳梗塞は早期に治療をするというのが基本となります。
 これが後遺症を少しでも少なくするポイントとなります。

 

 意識が戻るまでに必要な期間は、脳浮腫が1週間から2週間でピークとなります。
 これが完全に消えるまでには数ヶ月が必要と考えられています。
 したがってこれがなくなるまで根気よく待たなければいけません。

 

 意識が回復すると、積極的にリハビリを行う必要があります。
 しかしなかには意識が戻らない場合もあります。

 

 意識が戻らずに植物状態になった場合の平均余命に関しては、約3年間となります。
 余命に関しては、年齢や栄養状態の他、脳出血や脳梗塞の再発や尿路感染の併発などが関係しています。

 

 次はこちらの記事です。
 脳梗塞の点滴治療について

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。