脳梗塞 前兆 いびき 理由

脳梗塞でいびきをかく理由とは?

 脳梗塞では、どうしていびきをかくのでしょうか。

 

 脳梗塞という病気を聞いたことがあると思います。
 脳梗塞は急に発症することがありますが、前兆があることで知られています。

 

 この前兆をしっかりと把握しておくことが早期発見につながります。

 

スポンサーリンク

 

 脳梗塞になる人には前兆があります。
 またさまざまな症状が出るようになります。

 

 その症状のなかにいびきがあります。
 寝るときにいびきをかくという人は、この病気の疑いがあります。

 

 なぜいびきをかくのかという理由に関しては、脳のなかにある血流の巡りが悪くなるということが関係しています。
 脳の血管が詰まるという理由で病気が発症するようになります。
 脳のなかの血流が健康な人と比べると5倍から10倍悪くなります。

 

 したがって脳にしっかりと酸素や栄養が行き渡らなくなってしまうので、長時間この状態が続くと症状が現れるようになります。
 このようにこの病気を発症する人の3人に1人は前兆があると考えられています。
 その中の一つがいびきです。

 

 脳梗塞の人のいびきは、他の場合と少し異なります。
 脳の組織が壊れたことで、喉の筋肉がゆるむという理由で舌が落ちて発生するようになります。

 

スポンサーリンク

 

 普通の人と比べると音が大きくなります。
 また少し変わったような音が特徴的です。

 

 少し体を揺さぶった程度では目を覚ますということがありません。
 しかし普通の人の場合には体を揺さぶるといびきが治まるようになります。

 

 このような状態が続くと、脳にしっかりと酸素が行き渡らなくなってしまうので、直ぐに病院へ行きましょう。
 病院は脳神経外科や神経内科を受診するとよいでしょう。

 

 また、ろれつが回らなくなったり言葉が出てこないというような症状が現れるようになります。
 激しい頭痛やめまいを感じることもあります。

 

 手足に力が入らなかったり口が開いてしまうというような症状が現れることもあります。
 脳梗塞を発症しやすい人は、血液の流れが大きく関係しています。

 

 次はこちらの記事です。
 脳梗塞のリハビリ期間はどれくらい?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。