脳梗塞 後遺症 めまい

脳梗塞の後遺症でめまい?

 脳が原因となって発症する病気や症状がたくさんありますが、その一つにめまいがあります。

 

 めまいが発生しているときには、落ち着いて安静にするということが大切になります。

 

スポンサーリンク

 

 症状を改善させるためには、原因となる疾患を取り除くことが必要になります。

 

 特に脳卒中や脳梗塞という重大な病気がありますが、このような病気の後遺症としてめまいが発生することがあります。

 

 気がついたときには医療機関を受診するようにしましょう。

 

 脳には、耳や目や体からの情報をしっかりと集めて、姿勢を制御するための指令が出されるようになります。

 

 しかしここに何らかの障害が発生した時には、ふわふわとするめまいが発生するようになります。
 この原因として脳梗塞があります。

 

 片足の痺れや顔の麻痺などがある場合には脳梗塞の可能性があるので、すぐに救急車を呼ぶようにしましょう。

 

 脳梗塞を発症した後には、後遺症としてめまいが発生することがあります。

 

スポンサーリンク

 

 なぜこのような症状が発生するのかに関しては、詳しく解明されていません。

 

 しかし考えられているのは、脳幹や小脳という部分に、原因となる梗塞が見つからないということが関係しているようです。

 

 最近では他にも原因があると考えられています。
 小脳や脳幹が原因となるというだけではなく、多発性脳梗塞によって大脳の機能が低下し、その後遺症として発生するということも考えられています。

 

 脳の細胞にしっかりと血液が行き渡らずに壊死してしまうのが脳梗塞となります。
 壊死してしまった部分に関しては、この機能は元に戻るということはありません。

 

 後遺症として目や口や手足や体全体のバランス機能に障害が残ってしまうということがあります。
 このため、今までと同じ生活を送るのが困難となってしまいます。

 

 めまいの他にも、体が傾いたり、麻痺をしているということではないけれど上手に歩くことができないというような後遺症が見られることがあります。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。