脳梗塞に良い食べ物 効く 防ぐ

脳梗塞に良い食べ物には何がある?

 脳梗塞に良い食べ物はどのようなものなのでしょうか。

 

 脳梗塞という病気を聞いたことがあるかと思います。
 脳の血管が詰まることで、血液が流れなくなり、脳細胞が死んでしまう病気です。

 

スポンサーリンク

 

 死んでしまった脳細胞は、回復することがありません。
 このため、その多くの場合で、様々な後遺症が現れるようになります。

 

 この脳梗塞を引き起こす原因のほとんどは、「動脈硬化」と言われています。
 動脈硬化によって、血管内コレステロールが溜まり、血栓ができやすくなり脳梗塞に繋がってしまうのです。

 

 従って、脳梗塞を予防するには、動脈硬化にならないようにすることが大切になってきます。
 そのためには、食事や運動などの普段からの生活習慣が大きく影響してきます。

 

 脳梗塞に良い食べ物、予防する食べ物は、この動脈硬化にならない食べ物とも言えるでしょう。
 では、どのような食べ物を摂ることで、動脈硬化を防いで、脳梗塞のリスクを低くすることができるのでしょうか。

 

 それには、まず動脈硬化を起こしやす食べ物を避けるということが大事です。
 これには、高脂肪・高カロリーな肉類を主体とした食事が挙げられます。
 それに加えて、これらの食事の摂り過ぎやアルコールの飲み過ぎも良くないことです。

 

スポンサーリンク

 

 また、ファストフードやインスタント食品、ジャンクフードなども避けた方がいいでしょう。
 これらは、高脂肪・高カロリーであるうえに、様々な添加物が使われているからです。

 

 食品添加物や保存料、着色などは、人工的に造り出した合成化学物質で、身体への影響が大きく懸念されるものです。
 これらは、生活習慣病の発症の大きな原因になるとも言われているので、極力避けるようにしましょう。

 

 では、どのようなものを摂るのがいいのでしょうか。
 それは、上記のものとは全く正反対で、野菜、穀物、果物などを中心とした食生活が望ましくなります。
 食物繊維が豊富で、ビタミン類やミネラルに富んだ食べ物が望ましいのです。

 

 また、タンパク質は大豆などの植物性のものを中心にするのがいいでしょう。
 動物性タンパク質を摂る場合には、魚介類にすることをお勧めします。
 特に、青魚にはDHAやEPAが豊富に含まれており、これらによって善玉コレステロールが増加します。

 

 また、魚介類は人の体温より低く、その脂肪分は体内で固まりにくいという性質があります。
 それに比べて、牛・豚・鳥のような動物は人間より体温が高いため、その脂肪分が体内で固まってしまうと言われています。

 

 次はこちらの記事です。
 脳梗塞で痙攣の発作が起こったら?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。