脳幹梗塞 回復 予後

脳幹梗塞は回復する?その予後はどうなる?

スポンサーリンク

 

 脳梗塞は、脳内の血管に血栓が詰まったり、狭くなって血流が途絶えることで酸素や栄養が充分に供給されなくなり、脳細胞が死滅してしまう病気です。

 

 その脳梗塞にひとつに、脳幹梗塞があります。
 これは、脳の脳幹と呼ばれる部分への血管が詰まることで起こるものです。

 

 脳幹は、脳の真ん中にあり、人が生きていく上での大事な役割を果たしているものです。
 そのため、この部分に梗塞が起こるとその梗塞が小さなものであっても、大きな弊害が出るようになります。
 記憶が消えたり、意識が薄れたりし、場合によっては昏睡状態になることもあります。

 

 これらの症状の違いは、その梗塞が起こった位置によって大きく異なります。
 これは通常の脳梗塞でも言えることですが、脳幹梗塞ではより違いがはっきりしてきます。
 梗塞位置のちょっとした違いでその現れる症状が顕著に変わってくるようになります。

 

スポンサーリンク

 

 脳幹梗塞でもその対処が早いほど、回復の可能性は大きくなってきます。
 異常に気が付いたら、早めに病院へ行くことが大事になります。
 それによって、回復するのも早くなります。

 

 また、治療後の予後も早く治療を開始する程良くなってきます。
 早期発見、早期治療は、ここでも有効なのです。

 

 脳梗塞の原因は、何と言っても動脈効果によるものが多くなっています。
 動脈硬化が血栓を作ったり、血管内にコレステロールが蓄積されることで狭くなってしまいます。

 

 高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病によって、動脈硬化になる人が多くなっています。
 そのため、食事の内容を見直したり、運動を日常生活に取り入れるなどで動脈硬化になりにくい身体を作るようにしましょう。

 

 特に高脂肪・高カロリーの肉食中心の食事を控えて、穀物や野菜中心の食事を心掛けることが大切です。
 適度な運動で身体を動かすことも新陳代謝をよくし、血液の流れを改善するようになります。
 タバコはやめて、アルコールも楽しむ程度に飲むのが身体にはいいのです。
 ドロドロの血液にならないように気をつけましょう。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。