脳梗塞 前兆 症状 あくび

脳梗塞!前兆や症状にあくびが出る?

 あくびは、脳梗塞の前兆や症状なのでしょうか。

 

 脳梗塞のあくびがある時は脳の中で異変が起きているからです。
 この症状が起きるときは脳梗塞の原因になる血栓が飛んで脳の血液が詰まりかけているからです。
 血管が細くなるので必要な栄養と酸素が届かなくなります。

 

スポンサーリンク

 

 このことからあくびが出るのは、血栓が血管を詰まらせ始めているという状態です。
 まさにこれから脳梗塞が発症する前兆だからです。
 この時に病院に行き検査や点滴をすることが必要になります。

 

 このメカニズムとして脳内に酸素をいつも以上に必要になるので無意識にあくびがでます。
 この時に酸素を取り込んでいるのです。

 

 夜間、睡眠不足ではないときに頻繁にこの症状を繰り返している時は直ぐに病院に行く必要があるのです。

 

 前兆を周りに知らせる危険信号の一つでもあるのです。
 このあと眠ってしまう場合が多いのです。

 

 これは眠るという風に周りには見えていても前兆から起きた症状です。

 

スポンサーリンク

 

 脳梗塞の前兆として起きるあくびを早くみつけると、軽い症状の内に治療がはじめられるのです。
 それだけ必要になる行為なのです。
 患者さんにとって息が苦しいという症状ではないので見逃しやすいものなのです。

 

 周りがこの異常に気が付けば病気を悪化させる前に適切な治療が受けられるので回復も早くなるのです。
 脳梗塞は老若男女誰がいつ起きる病気かわからないものです。

 

 でもあくびの理由が酸欠であることは多くの人が知っていることです。
 するとこれが何かの病気のサインであると何となく気がつく事があるものです。
 次に起きやすい呂律が回らない事や体半分の脱力感等を未然に防ぐ事が出来るのです。

 

 前兆にいち早く気がつくことでこれからの患者さんの回復の速さは大きく変わります。
 また、直ぐに回復すると思った患者さんはリハビリにやる気が起きるものです。

 

スポンサーリンク