脳梗塞 緊急 手術

脳梗塞の手術は緊急を要する?

スポンサーリンク

 

 脳梗塞は、脳内の血管が細くなったり、詰まったりして血液が充分に流れなくなった状態です。
 そのため、脳細胞や組織へ酸素や栄養が行き渡らなくなり、細胞が壊死したり組織がダメージを受けてしまうようになります。

 

 その結果、身体のいろいろな所に障害が現れるようになります。
 障害の現れ方はそのダメージを受けた場所や範囲によって変わってきますが、主には以下のようなものがあります。

 

・身体の半分に痺れや麻痺がでる
・言葉がまともに話せなくなったり、相手の話が理解できなくなる
・立っていられなくなったり、歩けなくなる
・視野の半分程度が欠けたり、モノが二重に見えたりするようになる

 

 このような症状が現れるようになったら、すぐにでも病院へ行くようにしましょう。
 しばらく様子を見ようなどと悠長にしていると、さらに症状が悪化して命に関わることもあります。
 また、ダメージが進んで、治療しても後遺症が残る可能性が大きくなってきます。

 

スポンサーリンク

 

 そのため、脳梗塞の治療や手術には緊急を要することが多くなります。

 

 脳梗塞の治療で多く用いられるのが、血栓溶解療法です。
 これは、点滴によりt-PA薬剤を投与し、血栓を溶かして血液の流れをよくするものです。
 ただ、発症後4.5時間以内という制約があります。

 

 他には、外科的な手術でステントを入れたり、バイパスを繋いだりする治療もあります。
 ステントとは、メッシュ状の金属を血管内に挿入して狭くなった血管を広げる治療方法です。
 バイパスは、他の血管を繋いで、詰まった部分を迂回するようにして血流を確保するものです。

 

 このような手術や治療方法があるのですが、いずれも時間との勝負となってきます。
 一刻も早く血流を回復させることが命を救い、その後の後遺症も少なくすることになります。

 

 このような脳梗塞は、日頃の生活習慣も大きく影響してきます。
 高血圧や糖尿病などの持病がある人は、特に注意が必要です。
 肉類を中心とした食事を控え、穀物や野菜をたっぷりと摂るようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。