脳梗塞 お酒 関係 原因 アルコール

脳梗塞とお酒の関係は?

 脳梗塞とお酒は関係あるのでしょうか。

 

 普段からお酒を飲む人にとっては、それによって病気のリスクが高くなるのは避けたいところでしょう。
 適度なお酒は身体に良いとは言われていますが、その量も人によって様々です。

 

 自分では適量だと思っていても、実は飲み過ぎで却って身体に悪影響を及ぼしていたということもあるかもしれません。

 

スポンサーリンク
 

 

 ここでは、お酒が脳硬塞に及ぼす影響について考えてみましょう。
 脳硬塞とお酒にはどのような関係があるのでしょうか。

 

 まず、ハッキリとしているものでは、お酒の飲み過ぎは血圧の上昇の原因の一つになってきます。
 高血圧は動脈硬化を招き、血管が詰まりやすくなる大きな要因となってきます。

 

 その結果、脳硬塞を引き起こしやすくなると考えることができます。 
 このため、長い期間に渡ってお酒を過剰に飲み続けていると脳硬塞のリスクが上がると考えてもいいでしょう。

 

 一般的に1日のお酒の量は、「日本酒一合、ビール中瓶1本」程度が適量と言われることが多いです。
 アルコールに換算すると、約20gほどになるとされています。

 

スポンサーリンク

 

 お酒の飲み過ぎは当然ながら病気のリスクが上がるのはわかるでしょう。
 ただ、面白いことに、逆に全く飲まない場合の方が適度な飲酒をする場合よりそのリスクが高くなるという話もあります。
 それには、適度なお酒によって善玉コレステロールが増え、血液の流れがスムーズになることや動脈硬化の予防に繋がることなどが考えられています。

 

 このようなことから、「酒は百薬の長」といったことも言われるのではないでしょうか。
 とは言っても、毎日の飲酒はどうしても肝臓への負担を大きくするものです。
 週に1〜2日はお酒を飲まない休肝日を設けるようにしましょう。

 

 このようにお酒には身体に良い影響を与える場合と、悪い影響を与える場合があります。
 適度なお酒を心がけ、健康的な毎日を送りたいものです。

 

 過ぎたるは及ばざるが如し、と言われますが、何事も中庸が肝心になってくるのです。

 

 次の記事はこちらです。
 脳梗塞で肺炎になるとその余命はどれくらい?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。