軽い脳梗塞 治療 入院期間

軽い脳梗塞!入院期間や再発の予防策は?

 軽い脳梗塞での入院期間や再発の予防策はどのようなものなのでしょうか。

 

 脳梗塞の症状は、予兆や前兆などがなく突然あらわれるという特徴があります。
 そのため、初動の判断がとても重要になります。
 誤った判断をしてそのまま放置すると命を落とす危険もあるからです。

 

スポンサーリンク

 

 脳梗塞の症状としては、言語障害、視覚障害、意識障害、めまい、吐き気、頭痛、手足や顔の麻痺やしびれなどがあります。
 これらの症状があらわれたら速やかに病院へ行き検査をしてもらう必要があります。

 

 CTやMRIで検査をして脳梗塞であると診断された場合はそのまま入院となります。
 治療は点滴で行うのが一般的です。

 

 入院期間についてですが、軽い脳梗塞であればだいたい1〜2週間程度で退院でき、すぐに普通の生活に戻ることができます。
 退院の際には再発予防のための内服薬が処方されます。
 重い脳梗塞の場合は、回復に時間がかかり後遺症によるリハビリなどの期間もあるためその分入院期間も長引きます。

 

 初期段階の軽い脳梗塞は自覚症状がなく、人間ドックや脳ドックなどの検査で脳の血管の詰まりが発見されるというケースもあるのです。
 ですので、日頃から定期的に検査を行い早期発見することが重要になります。
 重症化のリスクを回避して早期治療に役立てることができます。

 

スポンサーリンク

 

 脳梗塞は、動脈硬化が主な原因となります。
 動脈硬化は、老化や生活習慣により血管が硬くなったり狭くなったり血液がドロドロになったりすることでおこるものです。

 

 しなやかで健康な血管を保つためには、食生活や生活習慣を気をつける必要があります。
 動脈硬化は血圧やコレステロールや中性脂肪の数値が高くなればなるほど発症するリスクも高くなりますので、塩分や脂質の摂取をなるべく控えた栄養バランスの良い食事をとることが大切です。

 

 代謝を上げるための適度な運動や良質な睡眠などの習慣も身につけましょう。
 定期的な検査による早期発見や健康的な生活を心がけて脳梗塞の発症と再発の予防対策を行っていきましょう。

 

スポンサーリンク