脳梗塞 発症後 寿命 生活 高血圧

脳梗塞の発症後は寿命が短くなる?

 

 脳梗塞を発症すると寿命が短くなるのでしょうか。

 

 比較的高い年齢に多く発症すると言われている病気に脳梗塞があります。

 

スポンサーリンク

 

 国内での病気による死亡者数の第4位になっているのが、脳梗塞を含めた脳卒中です。

 

 脳卒中には、脳梗塞の他にも脳出血やくも膜下出血がありますが、脳梗塞が最も割合が多く約60%を占めています。
 この脳卒中によって亡くなる人は、年間約8万人に及ぶとされています。

 

 脳梗塞では、脳内の血管が詰まることで血流が悪くなり、その先の脳細胞が壊死してしまうようになります。

 

 そのため、その症状によっては命に関わってしまうこともあり、治療によって回復しても壊死した細胞は再生しないため、障害が残ることが多くなります。

 

 一度脳梗塞を発症すると、その後に再発することが多いとされており、そうなると寿命が短くなってしまう可能性も出てきます。

 

 脳梗塞を引き起こす最も大きな要因は高血圧と考えられています。

 

 血圧が高くなると、血管内壁が傷つけられそこにコレステロールなどが堆積しやすくなります。
 これが動脈硬化を引き起こす要因になってきます。

 

スポンサーリンク

 

 動脈硬化によって血流が阻害され、さらなる高血圧へとなってしまう悪循環に陥ってしまうのです。
 このようなことから、脳内の動脈の血流障害を引き起こし脳梗塞へとつながってしまいます。

 

 このため、たとえ脳梗塞の治療によって血流が回復しても、もともとの高血圧や動脈硬化がそのままであれば、いずれ脳梗塞を再発する可能性が大きくなります。

 

 脳梗塞は一度でも発症すると命に関わる可能性があるので、二度目ではさらにその危険性が高まり寿命も短くなるでしょう。
 このため、普段から高血圧や動脈硬化にならないようにすることがとても大事になってきます。

 

 そのためには、日頃の生活習慣、特に食生活が最も大切になります。
 現代社会では、肉類中心の高脂肪、高カロリーの食事をする人がとても多くなっています。

 

 このような食事を続けていると、血液がドロドロの状態になり、高血圧や動脈硬化になりやすくなってしまいます。 
 肉は極力少なめにして、穀物や野菜、果物を中心とした食事を心がけるといいでしょう。

 

 また、食事自体の量も少なめにすることも大切なことです。
 昔から、「腹八分で医者いらず」と言われています。
 さらに、「腹六分で老いを忘れる」、「腹四分で神に近づく」そうです。

 

 次の記事はこちらです。
 その寒気は脳梗塞の前兆かも?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。