脳梗塞 点滴治療 副作用

脳梗塞の点滴治療には副作用がある?

スポンサーリンク

 

 脳内の血管の血栓などが詰まって血液の流れが止まってしまう病気が脳梗塞です。
 血液が供給されなくなることで、その先の細胞や組織が壊死してしまうようになります。
 脳細胞は一度死んでしまうと二度と再生することはありません。

 

 その結果、脳組織が司っていた働きができなくなり、様々な症状が現れてくるようになります。
 例えば、片側の手や足のしびれや麻痺、足がもつれて歩けない、ろれつが回らず言葉がうまくしゃべれない、視野が欠けたり物が二重にみえるなどの症状が出るようになります。

 

 このような症状に気が付いたら直ぐに病院へ行って治療を受けることが大事になります。
 病院では、CT検査やMRI検査などを行ってその診断をするようになります。

 

スポンサーリンク

 

 その治療方法として、近年よく用いられるのが、血栓溶解療法です。
 これは、tPAと呼ばれる血栓を溶かす薬を投与して、脳内の血管に詰まった血栓を溶かすという治療法です。

 

 通常の点滴と同様に静脈から血栓溶解剤を投与するようにします。
 ただ、発症後の4.5時間以内に行わなければいけないという制限がついています。

 

 それ以上の時間が経過した場合には、逆に脳出血や出血性の脳梗塞などを引き起こす可能性が大きくなるからです。
 脳梗塞によって組織が壊死し始めるとその部分は弱くなってしまい、そこに血栓を溶かして血液の流れが回復すると出血しやすくなります。

 

 この4.5時間は発症してからの時間で、病院へ行くまでの時間や病院での検査時間は当然含まれていません。
 そのため、それらの時間を考慮すると、一刻も早く病院へ行くことが大事になってきます。

 

 このように、tPAによる点滴治療は、とても効果が期待できるのですが、その反面、副作用もあることをしっかりと認識する必要があります。

 

 脳梗塞の治療では、急性期の緊急性の高い期間で、約3週間ほどの入院が必要になってきます。
 その後、安定してから回復期に入り、リハビリなどを経て社会復帰に向けていきます。

 

 次の記事はこちらです。
 脳梗塞の発症後は寿命が短くなる?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。